【ジーザックドットコム】で取り扱っている商品の紹介や追加情報。 そしてご購入して頂いた皆様のストリートファイター日報です。       ◆◇http://www.g-zac.com◇◆




お客様で既にライト、ハンドルをカスタムしてあるホーネット600が当店に持ち込まれました!







ご自身で取り付けされて配線の処理がちょっとゴチャゴチャなので、ここをスッキリとのご依頼です。








ハンドルスイッチの配線も垂れ下がっている感じになってしまうとゴチャゴチャ感が出てしまうので、ハンドルに添わす方がカッコよくなります!!







 

既にカスタムされてあるハンドルやミラーも諸事情により交換します!!









パパッと外していきます。
アルミのドラッグバーハンドルが付いてました。







 

交換するハンドルもアルミのドラッグバーハンドルなんですけどね(笑)LSL製のドラッグバーハンドル D2は幅835mmと超ワイドで、ワイド&ローなストリートファイターカスタムに持ってこいなハンドルになります!ドラッグバーハンドルは太さ1インチのアメリカン用やクロームメッキされているものが多いので、このブラックで22.2mmのドラッグバーハンドルは珍しいんです。






 

付け替えました!








突然ですが!

ハンドル関係の部品が揃うまでの間、バックステップの取り付けを行います。
ホーネット900と600と250って全部同じステップなのかな??







シフト側のビフォー








アフター








ブレーキペダル側ビフォー







アフター

元々のバックステップは1ポジション固定でしたが、スパイスのバックステップは3ポジション選択できます!










と、バックステップを付け終えたところでパーツが揃いました!!








アクティブのハイスロットルにモトガジェットのm-グリップソフトの組み合わせ!
m-グリップソフトは太めのカスタムグリップになります。









このバーエンドミラーヴィクトリーEVOからm-グリップソフトへのラインが良いですね!!







左側も取り付けます!







 

各パーツをの位置が決まりましたら、お待ちかねの逃れられない現実が・・・(笑)









無理が無いように畳んで、少し配線を切ったり伸ばしたりで収めました。







 

全部の配線はフレーム左側でしたが収まりが悪いので、メーターの配線と右スイッチの配線はフレーム右側で纏めます。

右スイッチの配線が短くて全然届かない・・・・ハンドルがワイドになっているし、右ハンドルスイッチは薄型のにしているからね。どのみち加工は必要なのですけど。










ハンダで一本ずつ繋げて延長。






 

フレーム右側はスロットルケーブル、クラッチケーブル、チョークケーブルが入り組む密集地区なので、ケーブルの取り回しを妨げないように上手く間を通します。

スロットルが重かったり戻らなかったり等は、ケーブルの取り回しが悪い事も原因の一つだったりします。ケーブルに負荷のかかるような取り付けは禁物ですよ。









配線の飛び出し具合も少なく、タンクとの隙間に上手く収まりそうですね!









綺麗に収まりました!








バーエンドミラーはバーエンド構造と一体になったヴィクトリーEVOです!

いいねーーー!このワイド感!!







大人の事情によりヘッドライトが一つなのと、ウインカーの配線処理がまだなのはお許しください。






フロントホイール編】へつづく






前回の続きです。
ドゥカティ M400 ストリートファイターカスタム ヘッドライト&ウインカー編



前回ヘッドライトを取り付けた時点で、『メーターはノーマル?モトガジェット?それともアシュラにしますか?』とゆう事でお客様に一度足を運んでもらった際、ハンドルもアップハンが目立ってしまいカッコ悪いとゆう事で、追加でご依頼いただきました。ありがとうございます!







上のシルバーのハンドルが元々付いていたハンドル。
下の艶消しブラックのハンドルが今回取り付けしますLSL製のスーパーバイクフラットハンドルバーN1です。


だいぶ低くなりますね!!これは期待できそうです!!


LSLのハンドルは曲がり部分が潰れない様に特殊な製法で作られ、曲がり部分に負荷がかからず、振動の分散にも一役買っています!


材質も一般的なアルミハンドルでは使われていない高強度なジュラルミンA2014を使用しているので、ハンドル肉厚4mmと一般的なアルミハンドルと同じ肉厚でありながら、より高い強度を得ているんです!


そしてハンドル内径14mmなので、私の知る限り全てのバーエンド、バーエンドウインカー、バーエンドミラーが取り付け可能で、カスタムの幅が広がるのも魅力ですね!


まとめますとLSLのアルミハンドルは・・
・ハンドルの潰れが少なく振動が分散される
・ジュラルミンの使用で高強度
・ハンドル肉厚が一般的なハンドルと同じなので、重量増しのデメリットが無い
・バーエンド、バーエンドウインカー、バーエンドミラーのパーツ選択で悩む必要が無い

とバランス型のハンドルです!!








作業にもとりまして・・

ハンドルスイッチの回転防止用にハンドには穴が開いているのですが、その穴を正確に開ける為のLSL製ジグです。優秀なハンドルを作るメーカーは優秀な専用工具も出しているんです!

無くても穴はあけられますが、あれば便利な工具ですね!








このハンドルの低さ!いい感じでですよね!!










前回ウインカーを交換した時には間に合わなかったハイフラ防止用ウインカーリレーを取り付けました。

このモトガジェット製 m-フラッシュはとにかく小さい!今回は特にスペースが無いわけではありませんが、元々ウインカーリレーが収まっていたところに付けていますので、その小ささがわかるでしょう!耐水、耐塵です!








そしてメーターは当店お馴染みのモトガジェット製モトスコープミニ決定!
メーターステーはM400に合わせたワンオフです!


モトガジェットのメーターには加速度や油温や0-100km/hのタイムや色々と多機能な物もありますが、シンプルにキメたいならこのモトスコープミニがお勧めです!『スピード、タコ、トリップ、オド、走行時間、オーバーレブ警告フラッシュ』の必要最低限でありながら必要十分な機能が付いております!

ちなみに
給油のタイミングを計る為のトリップ機能さえあれば生きていけますよ私は(笑)


多機能なモトガジェット製メーターもお勧めですが、その分配線も増えますしセンサーを追加したり等、多機能を得る代償もあります。
用途に合わせ選んでもらえればと思います!
シンプルなモトガジェット、多機能なモトガジェット、どちらも優れたメーターであることには変わりありませんからね!







 

こんな感じに組みあがります!










モトスコープミニには標準でマグネットセンサーが付属しています。


最近の電気式スピードメーターで3本線且つスピードセンサーの電源が12Vで作動している車両は、ノーマルのスピードセンサーから速度パルスが拾える可能性大です!
今回の様に機械式スピードメーターや速度パルスが拾えない車両はモトスコープミニ付属のマグネットセンサーを使用するか、オプションの鉄に反応する非接触センサーを使ってくださいね。






 

通常はブレーキディスクやスプロケットに付属のマグネットを埋め込むのですが、それが難しい場合はオプションのマグネット付ボルトを使いセンサーポイントを作ります。








 

メーターはコネクターオンではないので、この配線の束を切った伸ばした分岐したで仕上げていきます!
これは機械式メーターの車両ですのでまだ親切な配線の量です(笑)








いいですね~!このメーター最高です!!






つづく










前回の続きです。

ドゥカティ GT1000 ユーロカスタム サスペンション編
マフラー編
ホイール編
m-グリップ編
m-スイッチ編





motogadgetパーツが続いていますね。
スイッチ、グリップとmotogadget製品を装着したGT1000、ウインカーもmotogadget製品です!

このm-ブレイズディスクはクリスタルのような透明なレンズ内にハイパワーLEDが内蔵、IC制御により安定した光を放ちます。






配線はハンドル内を通りますので、整備や修理でm-ブレイズディスクを外す際に面倒な事にならないように、コネクイターを使用するといいでしょう!





どんなバイクにも似合うデザインではありますが、特にm-グリップとの相性は最高です!!
この一体感!たまらんです!!
 
 
 

ISRブレーキマスターシリンダー編』へ続く
 
 
 
 
 
 


前回の続きです。

ドゥカティ GT1000 ユーロカスタム サスペンション編
ドゥカティ GT1000 ユーロカスタム マフラー編
ドゥカティ GT1000 ユーロカスタム ホイール編
ドゥカティ GT1000 ユーロカスタム m-グリップ編


前回でm-グリップを取り付けましたGT1000。
続いてはmotogadget製カスタムスイッチのm-スイッチを付けましょう!


 

こちらはm-スイッチのブラックボディー・ステンレスボタンの3ボタンタイプになります。防塵、防滴のプッシュボタンですので、雨天使用もOKですよ!






表面はブラックアルマイト処理が施されております。配線は各スイッチを経て全てアースに落とす仕様にしますのでその下準備です。
アルマイトは電気を通さない性質を持っていますので、アルマイトを剥がします。シルバーになっている個所がアルマイトが剥がされており、その個所がハンドルと接触しハンドルバーからボディーアースへと電気が流れます。






そして配線を接続。本来ですと4本の配線が必要ですが、ボディーアースですので2本減らす事が出来ます!!






そして、ハンドルバー内部へ通します。

もし配線をハンドルバー内に通さない場合は、m-スイッチのボディーを削ってそこから配線を外へ出してください。




 

裏側のスイッチも取り付けて完成です!!


配線を中通ししますと、スッキリした景観になりカッコイイですね!




m-Blaza Disc編』へ続く
 
 


前回の続きです。

ドゥカティ GT1000 ユーロカスタム サスペンション編
ドゥカティ GT1000 ユーロカスタム マフラー編
ドゥカティ GT1000 ユーロカスタム ホイール編




モトガジェット製アルミ削り出しグリップのm-グリップ
ブロック調に削られたデザインがかっこいいです!取り付けにはスロットルスリーブを金属製にする必要があります。






ジーザックドットコムでは各バイクメーカーに対応するアルミスロットルスリーブをご用意していますので、こちらを使っていただければと思います。

海外製品の為、中小排気量での適合テストを行っていません。適合一覧に全ての車両がありませんが、殆どの車両が同じ形状のグリップを使用していますので、適合一覧になくても同じメーカーなら使用できる可能性が高いです!しかし「絶対」ではありませんので、各適合は各自お調べください。わかる範囲でしたら私でもお調べしますよ。





このテイマースロットルスリーブの両端には「デルリン樹脂」のブッシュが嵌め込まれており、ハンドルとスロットルスリーブのアルミ部分が直接触れないよう設計されています!
この「デルリン樹脂」は画期的な樹脂でして、耐摩耗やた低フリクションやら・・・デルリンに興味のある方は調べてくださいね。





実際に取り付けたいと思います。
テイマースロットルスリーブはノーマルに互換性を持たせていますので、m-グリップを付ける場合、バイクのメーカーによっては加工が必要になる場合があります。
今回はドゥカティ用のスロットルスリーブ。ノーマルにもグリップストッパーが付いている為、テイマースロットルスリーブにも当然グリップストッパーは付いています。
しかし、m-グリップを付ける際にはこのグリップストッパーは邪魔になりますので、削り取ります。





削り取りました!これでm-グリップは根元まで被せる事が出来ます!






m-グリップは何故金属製スロットルスリーブ推奨なのかは、この取り付け用リングを見ていただければ解るかと思います。
このリングはイモネジでスロットルスリーブを抑えますので、スロットルスリーブが樹脂ですと、樹脂が変形したり割れたり、スロットル操作しているうちに樹脂が負けて空回りしてしまう可能性があるからです。





テイマースロットルスリーブの加工が終わりましたら、あとは組み付けていくだけです!
取り付け用リングをスロットルスリーブに付けました!





そして、m-グリップを取り付けて完成!!

22mmハンドルバー、1インチハンドルバー、どちらにも取り付け可能なm-グリップ。一風変わったグリップをお探しの方、おすすめですよ!!
 
 
 
 
m-Switch編』へ続く
 

◎ ブログ内検索
◎ カテゴリー
◎ 最新コメント
[02/27 G-zac]
[02/27 たーしん]
[02/03 G-zac]
[02/02 tetsu]
[12/15 Gzac 神原]
◎ バーコード
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル