【ジーザックドットコム】で取り扱っている商品の紹介や追加情報。 そしてご購入して頂いた皆様のストリートファイター日報です。       ◆◇http://www.g-zac.com◇◆

 

今回メーターを替えるにあたり、モトガジェットのメーターにするのですが、

ZRX400は本来フロントホイールからケーブルでスピードメーターを動かしています。
いわゆる機械式メーターってやつです。


モトガジェットのメーター は電気式メーターのスピードセンサーを利用するか、付属のマグネットセンサーを使うのが一般的な方法ですが、今回は付属のマグネットセンサーを使い、スピードパルスを拾いたいと思います。


モトガジェットのメーターに付属のマグネットはブレーキローターやスプロケットに埋め込んで使いますが、オプションでマグネット付きボルトが売られていますので、これを利用すると、マグネットを埋めるための穴を掘らなくていいので、手間が省けます!




 

右がノーマルのブレーキローターボルト、左がマグネット付きボルトです。


ノーマルのボルトを見ると、頭付近が太くなっているのが分かりますよね?



ボルトはM8ですが、太くなっている個所は直径10mmと一段太くなっています。








そこで役に立つのが!!


この内径変換アルミカラーが役に立つんです!!

主にヘッドライトやウインカーの取り付け時に穴の径を調整する時に使うものですが、使い方次第で色々な可能性が広がるのではないでしょうか!

※ WEBショップでは黒しか売っていませんが、シルバーもお取り寄せできます!





 

はい! ボルト通すだけ!!


これで段付きボルトの完成です!





 

あとはセンサーがマグネットに反応するように、センサーブラケットを作るだけ!








メーターはモトスコープミニを付けます!

だいぶ前にインジケーター(コンビフレームライト)は取り付け済ですので、今回はメーターを付けるだけ!








お約束の!!   配線処理が待っておられます(笑)








切った繋げたで上手くまとめて完成!!






 

いいね~!すごくカッコよく付きました!


ホントこのモトスコープミニは画期的だと思っています。


今まで、円柱状カスタムメーターが主流の中、この親指サイズのモトスコープミニが現れましたからね!

厳密にいえば円柱状以外の形状もありましたが、モトスコープミニは群を抜いて優れていました!



と、

褒めちぎったところで(笑)メーター編の完結です




つづく











 

ここ最近は急ピッチにブログを更新していますが、溜め込んでサボっていたつけを払っているだけです(笑)

牛歩ながら進んでおりますCB400SFカフェレーサー化ですが、今回はメーター!
見もしないのに無駄にデカいノーマルメーターは取っ払い、小型化しちゃいましょう!

おなじみ、モトガジェット製のメーター、モトスコープティニー スピードスターです!
小型サイズながらインジケーターが内蔵され、オド、トリップオド、電圧、時計がデジタル数字で表示されます!

タコ機能はありません。漢は常にオーバーレブです(笑)

アナログ表示は200km/hまでですが、それ以上になるとデジタル数字での表示に切り替わり、999km/hまで表示可能です!!
「俺はマッハで走行するぜ!」
って人は残念ながらkm/h表示では表示できませんので、mile/h表示にしてください。999mile/hまで(約1607km/h)まで表示可能です(笑)






トップブリッジ付近に付けたいところですが、イグニッションキーホルダーがあって上手く付けられないので・・・







イグニッションキーの移設も済んだことだし、切り落とします!







モトガジェットのメーターは設定や表示切替にスイッチが必要になり、ハンドルポストが付いていた穴を利用してオプションのプッシュボタンを取り付けます!






その近くに特に必要でもないけど、インジケーターを一つ取り付け。
後々セキュリティーを付けた時用のインジケーターとして利用できるでしょうかね。油圧やサイドスタンド警告でもいいですけど。

とりあえず現段階では機能しません。






ノーマルが機械式スピードメーターなので、付属のマグネットセンサーを付ける必要があります!
ディスクローターやスプロケットに穴を開けてマグネットを付けても良しですが、今回は取り付けが困難なので、ディスクローターのボルトをマグネット内蔵な物に交換します。






このマグネットボルトはオプションです。必要であればメーターと一緒にご注文ください!






続いてセンサーの取り付けに入りたいと思います。

鉄板を曲げて作ってもいいですが、板厚の薄い鉄板ですとしなってしまいますし、曲げた個所の強度が弱くなりますので、ホームセンターでも手に入るアングル材(初めから90度になっている)を使うと強度もあり、曲げる手間も省けます。






ブレなければ、こんな感じの簡単なものでOKです。






適正クリアランスで取り付けられているか確認し、速度センサーステーは塗装へ。







センサー関係の作業はは済んだので、メーターの取り付けに。

トップブリッジにはメーターステーの取り出しに良さそうなネジ穴が無く、ちょっと凝ったメーターステーを作りました!






ハンドルホルダーの穴を利用して取り付け!
勿論トップブリッジの裏でですよ!







速度センサーステーとメーターステーと一緒に、ステムやトップブリッジ、フロントフォークも塗装へ旅立ち






塗装が上がって来たら組み付け!つやありブラックにしました!
折角なのでステムナットはブラックアルマイトの物に交換。




 

メーター周りがシンプルになりましたね!!








   

はい!色々とツッコミどころがありますが(笑)カワサキの人気シリーズZRXの400ccモデルです!!

カスタムでお預かりする前日、崖から落ちまして!!そのままレッカーで運ばれてきました!
マフラーベッコリ、メーターが無いのはそのせいで、ハンドルも物凄い事になっていましたが、移動するのに不便なので、そこら辺に転がっていたのを付けています!

でも、写真で見ると意外に綺麗に見えますね(笑)
 
ちょうどカスタムするので良かったかな・・良くは無いですね(汗)ま、オーナーさんは元気でしたので何よりです!!








ZRX400のハンドルクランプ。
今回はこいつを利用して取り付けますよ!






分割して・・







削って・・・









左右とも削りました。
真ん中は使いませんのでポイします。






元の状態に付けると、真ん中部分にスペースが出来ましたね!









そこのスペースにモトスコープミニ用のインジケーターケース、コンビフレームライトを納めます!




しかし!






ただ付けただけだとハンドルクランプよりかなり飛び出していますよね。
この飛び出しをなるだけ抑えると、カッコよくなるんです!







そこで用意されたのがLSLのハンドル、スーパーバイクフラットハンドルN1です。

LSLのバーハンドルキット用に扱っているハンドルですが、日本人に扱いやすい幅と引きが意外に人気な商品なんです!それでいて高さは低いですからね!







折角のLSLロゴも当店では躊躇しませんよ!バリバリ掘り下げましょう!
スーパーのお弁当は一生懸命底上げしますが、当店は一生懸命底下げします(笑)








底下げの成果!
これが限界ですね。もっと取り付け位置を下げるには別の手法が必要になります。

でもいい感じになったと思いませんか!!


実は過去にも同じ手法で取り付けているんですよね!




 

そう、この時。
Z1000 ストリートファイターカスタム


確か当時は

「面倒だからもう二度とやらないー」

とか言っていた気がしますが(笑)
再びやってしまいました(笑)

まぁでも、カスタムって『おこだわり』でいいと思うんですよね。
面倒でも折角なんだからカッコよく付けたいもん!!




このモトガジェットのメーターはホント創作意欲を掻き立てられます!
  
  
 
  フレーム編へつづく


 

特徴的なフロントフォークのBMW R1150R ロックスターです。
確かこの辺りの年式のRシリーズは全てこのフロントフォークが採用されていたんでしたっけ・・?

違っていたらごめんなさい。

現行車では姿を消しているところを見ますと、あまりメリットが無かったのかコストの問題か、デザインの問題か・・・。

個人的にはこのフロントフォークのデザイン好きだったりします!!


そんなロックスターは今回メーター、ライト周りをスッキリさせたいとご依頼を頂きました。
ありがとうございます!







左右で大きさが違うヘッドライトを採用する辺りはヨーロッパ車っぽいデザインで好きですが、ゴツ過ぎで重いですよね。






メーターは見やすさ優先しての大きいメーターが2連。
やはり見た目重たいですね。




では、早速





 

タンクを外したその中央にはABSユニットがデカデカと存在感を表します!!バッテリーよりデカいんじゃないでしょうか!
4輪用をそのまま付けたんですかね?って位デカいです。

ABSユニットの前にはハンドルスイッチ、イグニッション、ヘッドライト等の前に付いている電装パーツのコネクターが纏まっています。







今回はモトガジェットのモトスコープミニを付けるのですが、ハンドルバーに美しくモトスコープミニが取り付け出来る『ボルトオンブラケット』を使い取り付けますよ!!





 

こちらのボルトオンブラケットはハンドルに直接付ける特性上、ハンドルに穴あけやネジ切り加工が必要です!

もし『無加工』で付けたい場合にはコンビクリップキットブラケットがありますので、そちらを使ってもらえれば、穴あけ時の失敗できないドキドキ感を味わう事無く(笑)お気楽に取り付けられます!







モトスコープミニ + コンビフレームライト(インジケーター) + ボルトオンブラケットの組み合わせです!

このハンドルとの一体感がいいでしょ?!
苦労するに見合った商品です!!






 

ロックスターのトップブリッジはノーマルヘッドライトステーを兼ねた構造になっており、見栄えが悪かったのと、今回付けるカスタムヘッドライトのステーの取り出しが困難だった為、他のBMW Rシリーズのトップブリッジを流用し使う事にしました!

使うにあたり、余計な部分を削って加工します。





 

ロックスターのインジケーターは8種ですが、今回付けるコンビフレームライトのインジケーターは4種なので、追加インジケーターを付けます。その土台をトップブリッジに作りました。

矢印の少~しだけつけた段差は何をするかというと・・・・







両面テープを貼る為に設けました!!







これをする事で両面テープの厚さ分隙間が出来てしまうのを防ぎ、追加インジケーターのモトサインミニがトップブリッジにピッタリ付いているように見えるんですね!!




各パーツセットアップの準備が出来たところでペイントに・・・









全体的に黒面積が増えて引き締まりましたね!!!







メンテナンスしやすいようにモトスコープミニ、コンビフレームライト、モトサインミニをそれぞれ独立させたコネクターを使います!

スペース余裕があれば基本的にコネクターを使ったほうが、便利かなと思います。
スペースに余裕が無い時はハンダ付けの場合もありますので、「俺のはコネクター無いじゃないかっ!」と怒ったりしないでくださいね(笑)

モトガジェットは故障が少なく、一度付けたら外す事が無いのでハンダ付けとゆう技も可能なんですよね!






 

モトガジェット素晴らしい!!!








つづく
















前回の続きです
『ビューエル XB12S ストリートファイターカスタム ヘッドライト編』



 

前回取り付けましたアーバンヘッドライト
それと同時にメーターも交換しましょう!





 

ヘッドライトとトップブリッジ間にスペースがあるので、収まるとしたらここになりますね。
本当はXB専用でモトスコープミニが埋められるハンドルクランプにしたかったのですが、残念ながら廃盤となっており、赤丸付近に予定変更だったんですけどね。

このブログを書いている時点でブラックは廃盤ですけどポリッシュの在庫はあり、ポリッシュも在庫が無くなり次第廃盤となりますので、お考えの方はお早めにどうぞ!!







そんな訳でこのモトスコープミニが美しく収まるインジケーター、『コンビフレームライト』を使用します。







メーターステーを用意しました!!






このままだと浮いてる感が残ってしまいますので・・・・







こんなブロックを用意します!!


これを・・・






メーターとトップブリッジ間に収めると一体感が出てきます!!

まだトップブリッジの色がシルバーですが、後々全体的に黒くしていきたいとの事ですので、トップブリッジが黒くなった時、更にメーターと車体の一体感は大きくなりますね!!





モトガジェットのメーターついでにもう一点、モトガジェット製品のご紹介。


 

超コンパクトなウインカーリレーの『mフラッシュ』です!
普通のバルブウインカーからLEDウインカーまで対応し、防水、防塵、耐震と文句なしの品質でハイフラを防止します!




 

コンパクトなので配線の一部とし同化させられます!少しでも余計なものを減らしたい時に特におすすめですよ。





つづく















◎ ブログ内検索
◎ カテゴリー
◎ 最新コメント
[05/27 G-zac]
[05/27 わん]
[02/27 G-zac]
[02/27 たーしん]
[02/03 G-zac]
◎ バーコード
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル