【ジーザックドットコム】で取り扱っている商品の紹介や追加情報。 そしてご購入して頂いた皆様のストリートファイター日報です。       ◆◇http://www.g-zac.com◇◆

 

驚異の小ささで話題のモトガジェット製ウインカー、mブレイズ ピン


小さいちいさい言ってるけどどんだけ小さいの?って

寸法見ただけで想像できる人もいるかと思うのですが、実際車両に付いているのを見た方がイメージしやすいですかね?







はい、付けましたよ!!

凄いでしょ!ちょっと頭の大きいボルト位ですよ!!






景観を損ねる事無く、バイクに溶け込みます!





 

mブレイズ ピンに付属する固定用ナットはシルバーですが、黒いステンレスナットを使って目立たなくさせています!



配線も熱収縮チューブを使って、なるだけ目立たないように努力してますよ。









ウインカーをコンパクトにしたい場合、mブレイズ ピンも一つの手段になりますね!!





つづく









 

フロント回りの分解できる場所とバイクスタンドが空いたので、このチャンスを逃さずパパッっと進めましょう!!






フロントフォークについているメーターケーブルとブレーキホースのホルダーはもう必要ありません。







なので、


塗装前に切り落としちゃいましょう!








ヘッドライトのケースも

元々の艶消しブラック  →   艶ありブラック

にリペイント!







数日後、塗装から上がってきました!!







外れているついでに、先日も使った黒染めスプレーでフォークキャップを黒く塗ってみました!


この黒染めスプレー、中々使える奴です!!






フロントフェンダーも塗装し、全体が黒光りしていい感じ!!!








ヘッドライトを固定するボルト類にロゼットワッシャー(丸っこいワッシャー)を使うと少し見た目が良くなります!

ヘッドライトステーとヘッドライトの間はスペーサーワッシャーを使っています。










ついでにキャリパーも塗りまして、黒光り度がUPしまして







ヘッドライトが付くとバイクっぽくなってきましたね!!
オーバルヘッドライト08は前に飛び出させず、なるべく車体側に寄せて付けるのがカッコいいです!


推奨する取り付け方法は

ヘッドライトブラケットのクランプ部だけを使い、ステー部は作る。

これが一番です。
短いステーも売られていますが、車両によってベストポジションは様々ですから、ご自身で付ける場合、頑張って作ってみましょう!


自作が難しそうでしたら、ご相談くだされば作る事も出来ます!


ちなみに、今回作ったのはLSLヘッドライトブラケットのクランプ部を使い、ステーはアルミの5mm厚で作りました。

5mm厚なので、見た目も強度も十分です!








つづく









1本のハンドルが持ち込まれました!

ビューエル1125Rのハンドルなのですが、内部が特殊でして・・・・





 

ちょっと写真だと分かりづらいですかね?

中が段付きになっているんです。





 

バーエンドミラー用バーエンド汎用も付くのですが・・・・・・










広がる羽部分をハンドル内径の細いほうに合わせると、付属のスペーサーカラーが使えなく、

付けてもグラグラしてしまい、しっかりとした固定が出来ないんです・・


これにバーエンドミラーを付けるのですから、グラグラしていると走行中に抜けてしまったり落ち着かないですよね。








その場合は



ハンドルとバーエンドミラー用バーエンドに合わせたスペーサーカラーを作製する事で、問題が解消されます!


左の2つのスペーサーカラーが今回作製したものです。








スペーサーカラーを投入して









ハンドルに差し込みます!








あとは定位置で固定するだけ!


これで見違えるほどバーエンドが安定します!!!





 

黒いステンレスボルトも一緒に購入してくださいました!


ありがとうございます。





ちょっと変わったハンドルでも、工夫することで安定した取り付けが出来ますので、
お困りの方はご相談ください!






 

 

ヨーロッパではOEM供給していたりとそこそこの知名度はあるものの、日本では馴染みの少ないTRWのカスタムブレーキホース、「バリオフレックス ブレーキライン」です!

新商品とゆうことですが、今のとこと通販での販売予定はありません。


 
では、さっそく人柱になってみたいと思います(笑)








作り方は簡単!

色々な形状のバンジョーと色々な長さのホースを組み合わせるだけ!!








説明書通りに組み付け!

なんといってもこの接合部のスッキリさですかね!!








ただ組み付けるとバンジョーの向きがバラバラになりますが、バンジョーの向きは任意の方向へ調整が可能です!!!
この調整が出来るとホースがねじれなくて済むんです!
 
 
 

 
 
 
 

ホースのカシメ部分の色が気になっても・・・・





 

熱収縮チューブで隠しちゃえば気にならないですよね!!








同TRWのバンジョーボルトですが、書いてある通りでねじ部がなんか長い(笑)んですよ!

CB400SFはこのねじ部が長いバンジョーボルトでもしっかりと付くのですが、ねじ部が浅いキャリパーだとホースがしっかりと締め付けられなかったり、キャリパーの破損やねじ山破損になってしまうんです・・・

ウチでしたら旋盤でねじ部を短くすればいいのですが、たぶん皆さんそんな事したくないと思いますし、ねじ部が長いのに気づかないで組む人もいそうですしね。

他メーカーのバンジョーボルトを使えばいいかと思われますが、バンジョーの厚さが違うのでお勧めできません。

シングルバンジョーボルトはまぁ他メーカーでも使えますけど、ダブルバンジョーボルトは止めておいたほうがいいです。穴の位置が合いません。


ですので、
残念ながら通販の販売予定は今のところありません!


要望があれば個別に販売もしますけど、ジーザックでカスタムする時用のブレーキホースですかね!モノはすごくいいですし!









バンジョーボルトがバックオーダーで、リアは付けられません・・・




気長に待ちます。











 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




ずーーーーーっと気になっていたのがこのフェンダーで・・・・


ノーマル車両だと気にはならないんだけどね。
カスタムしていく上でメーターやヘッドライトや色々と小型化されていくと、石器時代のフェンダーのように大きく見えてしまって。




 

そこで、今回用意したのはハーレーのスポーツスター用のカスタムフェンダーを用意しました!

以前ZRX400のフロントフェンダーもセンターリブ付きのフェンダーにしたけど、あれは元となる鉄製リブ付きフェンダーを切った貼ったで加工して作ったんですね。

今回は樹脂製のフロントフェンダーとしての形が既に出来上がったものです!






当たり前ですがスポーツスター用のフェンダーがCB400SFにそのまま付くはずもなく・・・・
幅が全然足りませんね。







当店でも販売しておりますスペーサーカラーを使い、フォーク幅と合わせます!







上手く合いましたね!!








スポーツスターのタイヤ幅は100mmなのでCB400SFのタイヤ幅110mmだと際どく、フェンダーの取り付け高さによっては干渉するかもしれませんね。

この後に120mm幅のタイヤにもしていますが、一応大丈夫でした。




 

前方の取り付けはスペーサーカラーで済みましたが、後ろ側は穴の位置が合いませんのでステーを作ります。






ねじ穴をあけて・・・・・






豚の鼻が完成だブヒ!!emojiemoji







このように、スペーサーカラーと作製したステーを使ってオフセットさせます!

後に黒アルマイトをかけます。







タイヤはON/OFF兼用ヤイヤを履かせました!







ちなみにこのタイヤは120mm幅なんですけど、フェンダーとのクリアランスは神クリアランスで、タイヤのヒゲ部分は当たっています(笑)

そのお陰でフェンダーがより小さく見えて、VeryVeryカッコイイですよ!!!








フロントフェンダーをあーだこーだしている間に出していた塗装も上がってきたので!








組み付けます!

タイヤはシンコータイヤのE705を履かせました!
日本のシンコータイヤのラインナップに無いサイズも、納期未定ながらお取り寄せ可能です!!

マッチョな足回りになりましたね!!
こうゆうゴツゴツしたタイヤのほうがカッコいいでしょ?!フルバンクして走る気は無いですし。




つづく















◎ ブログ内検索
◎ カテゴリー
◎ 最新コメント
[05/27 G-zac]
[05/27 わん]
[02/27 G-zac]
[02/27 たーしん]
[02/03 G-zac]
◎ バーコード
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル